読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まま子との葛藤」

幸福ニュース(しあわせニュース)第617号  2014年3月17日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*4月8日花まつり(蓮華院誕生寺本院の南大門近く釈迦堂)
   お釈迦様のお誕生日に甘茶をおかけしてお祝いします。
*南大門春まつり 4月29日(祭日)
赤ちゃん土俵入り募集中! 熊本県玉名市 蓮華院誕生寺本院
http://www.rengein.jp/event/

*人生リフレッシュの為の内観研修
4月14日(月)15時~20日(日)15時
http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「まま子との葛藤」

2ヶ月間のEメール内観も今日で一区切りです。

私が内観をするきっかけは、継子と主人との生活が嫌になり別居をしようと決意しており、同じようにステップファミリーの友人から内観を勧められたからです。

ほんの2ヶ月前は継子の存在が憎くて、この子がいるから私は苦しいんだ!と鬼のような人間でした。

またそのような心になる自分も嫌になり、この地獄から抜け出せないのなら自分がいなくなればいいんだ!などと思った事もしばしばあります。そして、私なりに辿り着いた結論が別居でした。

継子も高校生になります。実母の倍以上の時間長男を育てたから、もうこの地獄から解放してほしいと、狂ったように主人に頼みました。その時はそれがベストな方法であると思いました。

毎日イライラして、3人の我が子にも優しくできない私は本当に鬼でしたし、子共達も怯えていたでしょう。可哀想な事をしました。

継子への気持ちは、今もやはり大好きとはなりません。しかし憎しみは消えました。継子を成人になるまで養育するのは大人の私の役目であると思うし、それは好きとか嫌いとか関係なく、子どもの面倒は大人がみるものだと思えるようになりました。

私の仕事も同じで、大人が子どもの成長を助けなければなりません。ですから長女が勉強をしなくても、嘘をついても、学校で叱られても、それは長女の問題であり、私かイライラする事ではなく、冷静にアドバイスをすれば良いのだと思いました。

主人に対しても、いつも私は「あなたの前妻の子どもを育ててやってる!日々感謝するのが当たり前でしょ?」との思いでした。しかし、主人の中では「継子も私の子どもでしょ?」と考えていて、私達の溝は深まるばかりでした。

今でも感謝をして欲しいし、「いつもありがとう」と言って欲しいです。しかし、電話で話しをしたように、まずは私が変わってみようと思います。今はまだその途中ですので、いずれ主人に私の変化が伝わるように精進したいと思います。

内観をして、毎日の生活にいかしていく事が、いくつか見えてきました。

1.いつも笑顔でいる
2.謙虚でいる
3.気持ちが不安定になったら一呼吸
4.負けるが勝ち
5.ありがとうを沢山言う
6.今ある幸せに気づきそれを大切にする
7.相手の気持ちを意識する
8.完璧でなくても大丈夫

あとは内観で得た事を思い出して、正しい答えをその都度出していきたいと思います。

忙しい時間の中、2ヶ月間本当にありがとうございました。内観を受けて良かったと今心から思います。私に降りかかる問題は人のせいでなく、私の中の問題であることにお陰で気がつきました。

大きな事は言えません。またすぐに昔の自分に戻ってしまうかもしれないと言う不安があるからです。ですから、これからも内観を毎日意識していきたいと思います。春位にもう一度一日内観をしに行きたいと思ってます。

本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
坂村真民詩集】

「綿毛のように」

タンポポの綿毛のように
柔らかい愛を持って
お互いが生きてゆく
それは何と素晴らしく
美しいことであろうか
そう思い
わたしはかかみこんで
道のべの
タンポポの綿毛を
じっと見つめていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

迷いもさとりも心から現れ、すべてのものは心によって作られる。ちょうど手品師が、いろいろのものを自由に現すようなものである。人の心の変化には限りがなく、そのはたらきにも限りがない。汚れた心からは汚れた世界が現れ、清らかな心からは清らかな世界が現れるから、外界の変化にも限りがない。絵は絵師によって描かれ、外界は心によって作られる。(りょうが経、華厳経

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

*あなたも感動の涙があふれます!
『お母さんにしてもらったことは何ですか?』
       (サンマーク出版、大山真弘著、1500円)
下記のamazonホームページで、書名か、著者名で、検索下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%92%8C%E6%9B%B8/b?ie=UTF8&node=465392

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*桜が咲きました。日本の景気も良くなって、楽しい花見ができるといいですね。(にこにこ和尚)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・